興味深い記事

ヨウジヤマモト 2003SS

2002AWオートクチュールの開催期間に発表された、ヨウジヤマモト2003SSコレクション。これが、僕が思う山本耀司のベストコレクションだ。通常の春夏プレタポルテの発表時期よりも3ヶ月早く発表されたのが、このコレクションだった。オートクチュール期間に発表されたが、あくまでもこれは既製服のコレクション。特別で格別な挑戦がある服ではない。厳かに静かで潔い服だ。 服もシンプルであれば、ショーの演出にも特別さは一切ない。ただ音楽を背景に、モデルたちが歩くだけ。極めて普通。流れてくる音楽は「ボレロ」。派手さを徹底的に排除している。こんなショーを、豪華絢爛さを競うオートクチュール期間に発表したことに、山本耀司のギラギラした反発精神を感じる。そしてその反発精神は、服そのものにも宿っている。 布を使い、人間の身体をどんな技術でどう表現するか。服作りの原点。その技術で勝負しているように僕は感じた。このコレクションから感じるのは、そのことに集中している山本耀司の姿。デザイナーというよりは、服作りの職人という趣を感じる。 「首元から衿はこの分量で離そう」 「ダーツの位置はここで分量はこうだ」 「ウェストから足元に向かってのシルエットはこれで」 ボディと布に対して真摯に向き合う姿が見えてくるのは、気のせいだろうか。ファッションというより服を見せられている感覚だ。時代に受けようとか、そういうことではなく、山本耀司自身がそれまでの経験の中で培った美意識を、見る人に問う服に思える。「お前ら、これどう思うんだよ。ちゃんとわかるか?」というふうに。 モデルがジャケットの袖をまくり、ポケットに手を入れている。僕はその手の形に歪んだポケットにも美しさを感じた。ポケットに手を入れた時にも美しく見えるよう、ポケットの布の分量まで計算しているのでは。そう思えた。このコレクションは徹頭徹尾、至る所に美しさが「控えめ」に漂っている。女性の身体に布を沿わせては離す。服はその連続で作られていくもの。誰かを美しくするために、自分の技術と感覚のすべてをもって服は作るもの。そんな当たり前のことを、大切さを伴って思い出させてくれる。 僕がこのコレクションを好きなのは、そういった服作りの原点が美しいことを、教えてくれるからだ。服とは誰かのために、自分の技術と感覚を総動員して作るもの。僕はそう思っている。僕が最近感

MISTER TAILER



私の頭の中では 17ssが はじまっているのですが

もう今から ワクワク 楽しみ。

QUEEN ANNE HAIR&BEAUTY

南大阪の美容室クイーンアンのブログです